トリートメント選ぶっていっつも悩んじゃう!

こんなことが髪を乾燥させる原因なんて・・・

これまでに、シャンプー・コンディショナー・トリートメントについてたくさん学んできました。
サラサラ、ツヤツヤの髪を手に入れるには正しい使い方をするのはもちろんですが、髪の毛自体も健康にしていかなければなりません。
そこで、髪の毛の健康について学んでいきましょう。

 

髪の毛の乾燥の原因

それでは、髪の乾燥の原因について詳しく見ていきましょう。髪が乾燥する原因には、

  1. 空気の乾燥
  2. ドライヤーのかけすぎ
  3. 摩擦
  4. 静電気

この、4つがあげられます。
よく、冬になると髪がパサつくと思いませんか?
それは空気の乾燥が原因です。
でも、髪の毛が乾燥するのは空気の乾燥だけではなく、エアコンの風も原因になります。
髪の毛の水分が少なくなると、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。
それが表面化したのが、枝毛や切れ毛です。
さらにキューティクルがはがれてしまうと、その部分から髪内部の水分まで出ていってしまいます。
また、ドライヤーのかけすぎも髪の乾燥につながります。
しっかりと乾かしたほうがいいような気もしますが、完全に乾かしてしまうと髪の毛が「乾燥状態」になってしまいます。
さらにドライヤーで乾かす時の水分の蒸発は、髪に必要な水分も一緒に蒸発させてしまいますので、ドライヤーの使い方にも気をつけなければなりませんね。
摩擦・静電気については、洗髪後はキューティクルが開いていてダメージを受けやすいです。
ゴシゴシふいたりしないようにしましょう。
ヘアブラシもプラスチック製から木製に変えるだけで、静電気は抑えられます。

 

髪が乾燥しないように対策しよう。

それでは、髪が乾燥しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
まずは「髪が傷んでいるなぁ」と思ったら、無理なお手入れはしないことです。
無理にブラッシングしたりせず、優しく丁寧にブラッシングしましょう。
またドライヤーをかける時も、タオルドライをしっかりし、表面ばかり乾かすのではなく、地肌を乾かすように内側から順に乾かしていきましょう。
でも下を向いたり、髪の毛の流れに逆らって乾かすと、キューティクルが傷んでしまいますので注意してください。
目安は、ほんの少し湿っているくらいがちょうどいいです。
根元はしっかり乾かして、毛先は自然乾燥でもいいかもしれません。
タオルドライもゴシゴシしないように、注意して下さいね。
お肌同様に髪の毛も、普段やっている何気ない行為や不規則な生活習慣が髪を傷める原因になってしまいます。一度、自分自身を見直してみるのもいいのかもしれません。